学生生活と自動車の関係

2014.11.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

最近は、若者の車離れという言葉もあるように、車を持たないだけではなく、運転免許さえ取得していない若者も昔よりも増えています。確かに、特に都心で学生生活を送っている学生にとって、電車などの公共交通機関を使用すればある程度どこでも行けることから、車にあまり必要性を感じないという考えに至るのはある程度納得できます。
しかし、車があることでより楽しい思い出を作ることも可能です。例えば、サークルや部活などの合宿を考えてみましょう。合宿場所は大体郊外でしょうが、確かに電車等でも行くことのできる場所のことも多いでしょう。しかしながら、車があれば、行き帰りでも楽しく会話をしながら移動できますし、郊外の合宿地でも夜に少し離れたコンビニ等に買い出しに行くなど、便利で楽しい思い出が増えるでしょう。
車を持つと維持費が掛かったり、駐車場代も掛かることから車を持つことを諦める方も多いですが、最近ではカーシェアリングなども増えていますので、自分の車を持たなくても自動車に乗る機会は作れます。車を利用することで、合宿やスノーボード等、学生生活での楽しい思い出を増やせる機会は多くありますので、まずは免許を取ることからはじめてみてはいかがでしょうか。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。