車を入手する為に必要な物

2015.3.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

運転免許を取得したら、やはり自分の車が欲しいですよね。自動車を購入するのは大きい買い物になるので、いろいろ必要な書類があります。欲しい車が決まったら、まず自分で準備出来る書類として印鑑証明書があります。これは自分が住んでいる地域の役所で発行してもらえます。車購入時に必要なのは1通ですが、下取りやローンを組む場合にはさらに印鑑証明書が必要です。それ以外の書類は販売店から準備してもらえます。記入方法をきちんと確認して記入するようにしましょう。準備してもらえる書類には、委任状・保管場所証明申請書・保管場所使用承諾証明書・保管場所使用証明書・保管場所の所在地と配置図があります。委任状は販売店に登録手続きを代行してもらう為の書類で、実印を押印して提出します。保管場所関連の書類は、車を普段どこに駐車しておくのかを確認するもので、一戸建てであれば自分で所有する土地を駐車場とするので、保管場所使用証明書に記入をします。賃貸物件や分譲マンションであれば、駐車場を借りている大家さんや不動産屋に記入してもらってください。車を購入する際には必ず試乗して、座り心地や運転席に座った時の視界はどんな感じかとチェックしておくと良いでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。