通学に関して

2015.3.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

学校生活の中でも、通学は移動をする必要があります。数百メートルから数キロメートルまでと、学生によって差があるものの、移動をすることに変わりはありません。特別長い距離を移動する学生の中には、自動車を使う人も少なからずいらっしゃいます。ただし、移動距離長い全ての学生が自動車を使うのではなく、体力面や地域の犯罪発生件数によっては徒歩や自転車を使うこともしばしばです。移動中に自動車を使うと、先で述べたように体力不足のフォローや犯罪に巻き込まれる危険性をなくすのに効果があります。また、移動中の車内で勉強を行えますので学力向上も図れます。学生の区分には、自動車を運転できる人も含まれていることは言うまでもありません。これに該当する学生は、自動車を自らが運転して学校まで通います。ただそれだけの行為なのですが、自動車の利用方法によっては、友人たちとの友好を深めるのにも重要な役割を果たします。朝の移動中に友人宅を訪れ、自動車に乗せて学校まで移動するというわけです。車内はプライベートな空間ですので、楽しい会話が弾むことも期待できます。自動車が移動手段であることは確かで、学校生活をより便利に楽しくしてくれるためにも役立つ存在です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。